いつもゴキゲンでいたいから…

自分らしくあるために。ジャンルを問わず、今日を書き留めていきます。

手芸は視力と忍耐力との戦い

私は何かを作るのが好きです。
上手とは言えませんが、何かが形になっていくのは楽しくて…
子供の頃から手を動かしていました。
それは たぶん洋裁をしていた母の影響だと思います。


特に習いに行ったことはありませんが、編物は好きでした。
でも私は指のチカラが強いのか?仕上がった編物は目が詰まっている感じ。
基礎からしっかりと編物をマスターするなら、編みゲージをちゃんと測るべきなのですが。
とにかく我流なので💦マフラーは編めても着る物は編めないのです。
それならば…ということでレース編みにハマりました。


一番レース編みに熱中していたのは10代後半から20代の頃。
その時は小品から大作まで、いろいろ作りました。


久しぶりにレース編みをしようかな?と思ったのは40代初めの頃。
でも、昔のようにスイスイ編めないのです。
その理由は指がヘパーデン結節で痛かったのと、指の変形で上手く糸が編み針にひっかからなかったから。


ゆっくりなら編めるかしら?


そう思って、ゆっくりゆっくり編みました。
でも…ゆっくり編んでいると途中でワケが分からなくなってしまうのです💧
しかも集中力が途切れがちで、編んでいる途中に家族から話しかけられると…あれ?どこまで編んだんだっけ?😅
編目の数を数え間違えることもしばしば。
間違えては解き、の繰り返しになります。


50代になった頃からは、そこに老眼が加わりました。
初めはメガネを取って編めば何とかなったのですが(私は強度の近視と乱視のため、裸眼視力は0.04)、50代半ばになると裸眼で編むのも難しくなりました。


いったい どうすれば細かい編み目を見ることができるのかしら?🤔
そこで試しにハズキルーペというものをネットショップで買ってみました。



完璧に矯正はできないけれど?少しは見える感じがします😅


さて、昨日やっと余り糸使い切りのための水筒カバーが仕上がりました。
しかし…手芸箱の中には、まだ使いかけのレース糸がたくさん残っています💧
純白のレース糸は黄色く変色してしまったので、残念ながら使えないかもしれませんが…
せっかく買った糸なので使い切ってしまいたいところ。



しかも編みかけの物まで出てきました😂



これ…いつ編んでいたのかしら?
ここまで編んであるんだから、これを仕上げてしまいたいな…
ご丁寧に編み図のコピーまで一緒に保管してありました。



うーん…細かい😅 目に悪そう💧
そこでハタと思いつきました💡
まず、これをスクショして…拡大して見たら?



これならバッチリ見えますね🤩
(と言っても編んでいる物は拡大できませんが💦)
どこまで続くか分かりませんが…とりあえず コレを仕上げてから、夫の水筒カバーに取り掛かろうと思います。


それにしても…年齢が上がって手仕事する時間は たくさんできたのに、視力と忍耐力(集中力?)がなくなったせいで遅々として進みません。
まぁそう言いながらコツコツするのも好きなのですけどね🤣
文明の利器のチカラも借りながら、楽しんで作りたいと思います🎶

あなたのことを、あなたの言葉で、聞かせて下さい

変わりなく過ごす毎日は、自分という軸を中心に見ることしかできなくて、時に独りよがりになりがちです。
それは誰もが自分の観点で物を見るから 当たり前といえば そうなのですけれど😅


私が教師になったばかりの頃、先輩から「教師以外の友達を持ちなさい」と言われました。それは 他の人から「先生」「先生」と呼ばれているうちに 自分が偉いと勘違いするようになるからというのと、教育の世界は狭いので 視野も狭くならないように、という理由からでした。


また、長いこと家の中にいた主婦が働きに出ると、雇用側は使いづらいという話を聞いたことがあります。
その理由は、自分の思うように家庭を動かしてきたので、他者から言われた事を素直に受け入れないからだとか。


私は自分の視野が狭いと自覚しているので、他の世界に大変興味があります。
この世は私の知らないことばかり。
もっともっと知りたいことがたくさんあります。
…といっても、知ることによって何か変わるわけではないのですが💦
それでも、自分が知らない世界の話を聞くのは 面白くてたまりません。


そんな私にとって、ブログの世界は とても魅力的。
ここでは知らない世界の情報を沢山得ることができます。


私が興味深く読むのは、書いている人の何気ない日常や 美味しかった物、お出かけした場所、感動した本や映画など。
ただし、それは書いている人が 自身の言葉によって書かれた内容についてです。


「私の〇〇は…」「私の友だちは」と言った、自分ではない人や物のことばかりが書かれていると、あなたのことを教えて下さいと言いたくなってしまう。
「あなたの言いたいことは何なの?分からないんだけど😅」と。
もちろんブログは何を書いても自由なのですが、読んでいて心を動かされるのは、書いている人自身の思いです(少なくとも私は)。


ブログの世界には色々な人がいます。
ありとあらゆる記事にniceが必ず押してあるブロガーさんを見ると、この人はムラゴンの中で24時間生活しているのかしら?🤔と思ってしまう。
こういう人はnice返しを狙って、たくさんのブログにniceを押して回っているのでしょうか?
たぶんアフェリエイトやアドセンスで稼ぐのが目的なのでしょう。


コメント大好きなブロガーさんもいます。
たくさんの人にコメントするのは大変だろうな〜と思うけれど、コメント好きな人は大変だなんて思わないのでしょうね。


私は他の方のブログによって色々な世界を知るのが楽しく…ついついチェックしてしまいます。
ちょっと依存症気味かしら?と思うので、それは反省しなければなりません。
でも最近、ブログにおいて自分スタイルを作ろうかなぁと思い始めました。


私はアフェリエイトもアドセンスもしていないので、アクセス数は気にしないのですが…niceは気になる方。
なので、niceを押してくれた人のブログは基本的にチェックしてnice返しをします。
でも…たまにnice押しを迷うことも。


それは、その方のブログが ご自身のことを ご自身の言葉で書かれていない場合。
つまり、読んでも その内容が心に響かない時です。
こういう時はniceをしなくても良いんじゃないのかな?と。


そう言う私も、毎度同じことをゴチャゴチャ言っているだけなのですが💦
でも、せめて私は 自分のことを自分の言葉で綴りたいと思うのです。


ということで、今日の私は何をしていたか?と言うと…


雨が降っていたので、買物へ行った他は家にいました🏠
毎日のルーティーンとしてピアノを弾きましたが…今日は《ひとり懐メロ大会》🎶



セレモニーでは絶対リクエストが来ない歌謡曲を弾いて、ノリノリで楽しみました😁
昔は良い曲がたくさんありましたよね〜。
クリスタルキングの『大都会』は大好きでした。
アニメ『北斗の拳』の主題歌『愛を取り戻せ』も弾きたいんだけど、楽譜がなくて…
今度探してみようかしら?


手仕事の方は余り糸で編んだ《ケチケチ水筒カバー》が やっと完成しました🙌



表から見るとフツーなのですが…



裏から見ると、糸が足りなくて…段の途中から色が変わっています🙈
まぁ、これも ご愛嬌ってことで🤣


完成した水筒カバーの写真を撮っていたら、夫が「オレも欲しいな〜」と言い出しました😳
仕事に持って行く水筒のカバーが欲しいそうです。


ってことは?100均で新しい糸を買って来なければならないってこと?
夫に持たせるなら、余り糸じゃなくて、ちゃんとしたカバーを編まなければなりません😅
まぁ…作るのは楽しいので、明日 糸を探しに100均へ行こうかなぁ…と思います。


ホントにブログにするような内容でも何でもない事ですけれど💦
私が 私のことを 私の言葉で書いたからヨシ‼️ということにして下さい😂

普通に歳を重ねられることが幸せ

私には6歳年上の姉が1人います。



たった1人の姉ですが、ずっと連絡を取っていません。
それは前にブログでお話したように、姉がパーキンソン病に罹っているからです。
最後に話をしたのは3年くらい前でした。


姉の様子を知りたければ、電話して義兄に尋ねれば良いだけのことですが、大変な状況であることは分かっているので…連絡できないままでいます。
お姉ちゃんはどうしているのだろう?生きているのか?それすら分かりません。



先日、(ここでは言えませんが)ある人の盾で、姉の今の状態を聞くことができました。
それによると…


病気は かなり進行したけれど、義兄の献身的な介護によって、現在も自宅で過ごしているようです。
しかし病気のせいで精神症状や認知症を合併しているので、同じ敷地に住む息子の お嫁さんとトラブルになったり…周りから理解が得られていない状況なので、全て義兄が担っているということでした。


想像はしていましたが、かなり厳しい状態のようです。
私と会っても、分かってもらえないかもしれない…。
それを知り、正直言って堪えました。



病気になる前、姉は認知症だったお姑さんを一生懸命介護していました。
その経験から、自分が病気を発症した時、身内の手を煩わせるくらいなら、自分1人で施設に入ると言っていましたが…
当時、50歳を超えたばかりの姉を受け入れてくれる施設はありませんでした。


姉は病気が進む前に、公正公証人を頼んで遺言書を作り、自分が相続した土地を売却処分して、家族や私に迷惑がかからないように準備していたようです。
でも、姉が一番恐れていた《義兄に自分を介護させたくない》ということは…避けられませんでした。


この先、姉はどうなるのか…
介護がいつまで続くのか分かりませんし、1人で姉を支えている義兄も心配です。
と言っても私に何かできるわけではなく…
それを思うと昨日は なかなか寝付けませんでした。


私の実家は母方の家系は身体が弱く、姉や私を含めた4人の従姉妹のうち、何事もなく還暦を迎えられたのは私1人です(正確には還暦まであと2ヶ月ありますが💦)。
こうして考えてみると、普通に歳を重ねられるのは奇跡な事なのかも?しれません。


今日も お昼ご飯は定番の冷やし中華。



それを食べながら、「私たちは病気じゃなくて良かったね」と夫と話しました。
本当に その通りで…私の健康な身体は、両親から頂いた最高の贈り物だったと思います。
とは言え、少々古くなっているのでメンテナンスは必要ですが💦


今日、畑で今季最初のオクラを収穫してきました。
キュウリも2本、ピーマンは3個、今日もサヤインゲンはバケツに1杯😂



「畑仕事をしていると、お年寄りは悪いことは言わないのよ」
そう言っていた姉を思い出します。
土地付き 家付き 祖父祖母付きの旧家に嫁いだ姉らしい言葉でした。


空の上にいる お父さん、お母さん…どうか お姉ちゃんと お義兄さんを護って下さいね🍀